4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

カテゴリ: 4スタンス理論


各タイプそれぞれの軸ポイント揃えた状態で重りを持ち上げるとき軸の動きが無い場合、可動域は一つの関節の範囲になり、軸をともなって動いた場合、身体の各部位が連動して身体の可動域が広がります。
軸の動き無し
軸の動き有り

また、動画のダンベルの動きを見てもらうと分かるのですが、軸の動きが無いとダンベルは身体から離れていき、軸の動きがあるとダンベルは身体の近くを通り抜けていきます。

このことから相手との距離を手で押さえつけたり、ボディーコンタクトを強く求めたりする行為は軸の動きが無いからしてしまうのです。

軸の動きがあれば相手が離れていくことが無いので身体を固めることなく、柔軟に踊り続けることができるのです。

自然に歩いている際に、腕や脚の筋肉を緊張させると前後に動いていた腕や脚が途端に半円を描くように回転してしまいます。

この現象は身体からの連動が肩や股関節で断たれて、腕や脚が身体部に垂れ下がった状態から起こります。

踊る際に、ホールド等をした途端に上記の現象が起こり腕や脚の動きが不自然になってしまう方を多々見かけます。

このような現象にならないようする為には、身体部からの連動を断たないように腕や脚の筋肉を弛緩させ、腕や脚の可動ポイントや可動サブポイントを動かすことが大事です。

腕や脚も身体の一部なのですから全身で踊るダンスの際に動かさないのはおかしいですよね。

どう動かすかは様々なパターンがあるのでまた後日書くかもしれませんが「動かす≠前後の移動」ではないのでお気を付けください。


4スタンス理論のタイプは骨格のバランスによって決まるのですが、タイプ別の身体の見た目の特徴をご紹介致します。

1タイプの方は肩幅が狭く、横から見たときに胸郭が前後に厚い方が多いです。

2タイプの方は肩幅が広く、横から見たときに胸郭が前後に薄い方が多いです。

よく外国人の選手は身体が厚く、日本人の選手は身体は薄いと言われますが外国人の選手に1タイプが多く日本人の選手は2タイプが多いだけで上手い下手は関係ありません。

Aタイプの方は直立した際に、背中が前傾している方が多いです。

Bタイプの方は直立した際に、背中が後継している方が多いです。

今回示した例は絶対こうなるというわけではなく、あくまでこういう方が多いという参考例だと思ってください。



踊りに限らず、良い動作の証として手ごたえを求める方が多くいらっしゃいますが、本当に良い動作は身体の連動によって行われるものなので特定の部位が多く使われるような手ごたえ(筋肉の緊張)は好ましくありません。

ブログ内でも特定の部位を動かす説明をさせて頂いてますが、あくまで身体を動かす際のイメージで実際は全身を等圧で動かすので手ごたえのようなものはありません。

また、全身の連動が行われていれば特定の部位だけが筋肥大することもありませんので、ダンサーにありがちな太ももだけが筋肥大するような状態は好ましくありません。


もし現在、手ごたえを感じる箇所がある方はその瞬間に身体の連動がなくなり特定の部位のみで動いているのだと思ってください。

手ごたえの無い質の良い動きを求める方はこちら




第6回講習会の詳細が決定しましたのでお知らせします。

【日時】
 /22()  14:00~
       
(2時間ほどを予定しております。)
 
【場所】    武田ダンススクール


【内容】  4スタンス理論の基本の説明
                      4スタンス理論を活用してのワルツとルンバのベーシックの説明
            

                 
お悩み相談
 
【費用】    1人 2500円

正式なタイプチェックをされたことがない方は当日始まる前にタイプチェックを行いますのでその旨をメールでお知らせください。

講習会後に個人レッスンを受け付けます。
25分 5000円
講習会では出来ない個々に合った動きを御教えします。


【申し込み】         takedadancekatou@yahoo.co.jp  
 にメールにて申し込みお願いします。

↑このページのトップヘ