4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

カテゴリ: latin

ラテンで2人が離れて踊る場合や組んでいても片手の場合にはそれほど問題がないのですが、身体の位置が近くなればなるほどカップルとしての動きがクロス動きなのかパラレルな動きなのかが問題になってきます。

全てのステップを一つのタイプの動きに統一してもいいですし、ステップによってバラバラにするのも問題はありません。

どちらのタイプの動きをしても一長一短があるのでどういう演出をしたいのかで分けるといいでしょう。

気を付けなければいけないことが、自分のタイプがパラレルタイプなのにカップルとしての動きがクロスな時だったり、自分のタイプがクロスタイプなのにカップルの動きがパラレルな時です。

カップルとしての動きが自分のタイプと違う場合に自分のタイプの動きをゆがめるのではなく、自分のタイプの動きでカップルの動きに合わせるように心掛けてください。

踊っている時の欠点を直す際に、『○○をしてはいけない』と注意された経験が皆さんあると思います。

『○○してはいけない』を意識していくと身体の動きが固まり、一時的に形が整うかもしれませんが踊っているとは言えない状態へと段々と悪化していきます。

なぜならば『○○してはいけない』という注意は、なぜ欠点が起こるか原因がわからないorちゃんと考えていないから出てくる注意になり根本的には改善しないからです。

4スタンス理論では身体の一部分を直すのではなく全体のバランスを正して欠点の原因を見つけ『○○をしてはいけない』ではなく『○○をする』で身体の動きを損なわず欠点を直していきます。

某番組に出ていた有名女性ダンサーの教えみたいに『○○をする』というポジティブな方向性で欠点を改善すれば踊りも性格も明るくなってよりダンスが楽しくなってきますよ。

今回の内容は講習会に参加された方の為の復習記事になります。


AタイプBタイプの動きの軸の違い
Aタイプがつま先、Bタイプがかかとではなく、進行方向に対して動きを作る軸がどちらにあるかを意識することが大事

1タイプ2タイプの軸の位置と背骨の形の違い
1タイプ2タイプでは左右の軸の幅が違い、その違いを意識してホールドなどしないとトラブルの元となります。

クロスタイプパラレルタイプの腕の位置の違い
各タイプの特性の関係でクロスタイプは身体の前に、パラレルタイプは身体の横に肘をおきます。

各タイプの背骨の動きの違い
1タイプ2タイプで分けられる背骨の湾曲をもとにAタイプorBタイプの特性を意識して体幹から動くことが大事です。

種目によっては例外もありますが各タイプの注意事項を紹介します。

Aタイプは股関節を軸上から外さないといけません。
Bタイプは膝を軸上から外さないといけません。


1タイプは胸を張ってはいけません。
2タイプはお腹を出してはいけません。

クロスタイプは進行方向に対して真っ直ぐ進んではいけません。
パラレルタイプは進行方向に対して真っ直ぐ進まなければいけません。

ブログをちゃんと読んでいただけていればすぐに理解はできると思いますが、うまくいかない時に上記をチェックすると大体うまくいくようになります。

ブログを読んでも理解できなくて
詳しく知りたい方はこちら
千葉の方はこちら

以前、世界のファイナリストからリードは念じる事で、手で押したり引っ張ったり、ボディーを押し付けることではないと習いました。

習った時には信じられませんでしたが4スタンス理論を知ってからは相手の身体に触れていれば念じるだけでリードが出来る様になってきました。

フォローをする相手が軸の整った人であれば触れることなくリードする事も可能です。

超能力のような流れになってしまいましたが、4スタンス理論の軸が整うことによる産物のお話です。

私の文章力ではこれ以上の文章での説明は難しいので詳しく知りたい方は講習会までお越しください。

第4回講習会は4スタンス理論で身体の使い方を1から再確認していただき社交ダンスに生かしていきたいと思います。

↑このページのトップヘ