4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

カテゴリ: ballroom

AタイプBタイプの組み合わせによりスウィングの見え方が異なります。

Aタイプ×Aタイプ
伸びあがる特性をもつAタイプ同士の組み合わせだと、スウィングの後半にアクセントがやってきます。

Aタイプ×Bタイプ
伸びあがる特性のAタイプと沈み込む特性のBタイプの組み合わせだと、スウィングの前半にBタイプが動きを作り、スウィングの後半にAタイプが動きを作るので、全体の動きに切れ目のないスウィングとなります。

Bタイプ×Bタイプ
沈み込む特性を持つBタイプ同士の組み合わせだと、スウィングの前半にアクセントがやってきます。

タイプの組み合わせによりスウィングの見え方は変わりますが、あくまで自然に踊った場合であり演出により見せ方を変えることは可能です。

今回の内容は講習会に参加された方の為の復習記事になります。


AタイプBタイプの動きの軸の違い
Aタイプがつま先、Bタイプがかかとではなく、進行方向に対して動きを作る軸がどちらにあるかを意識することが大事

1タイプ2タイプの軸の位置と背骨の形の違い
1タイプ2タイプでは左右の軸の幅が違い、その違いを意識してホールドなどしないとトラブルの元となります。

クロスタイプパラレルタイプの腕の位置の違い
各タイプの特性の関係でクロスタイプは身体の前に、パラレルタイプは身体の横に肘をおきます。

各タイプの背骨の動きの違い
1タイプ2タイプで分けられる背骨の湾曲をもとにAタイプorBタイプの特性を意識して体幹から動くことが大事です。

種目によっては例外もありますが各タイプの注意事項を紹介します。

Aタイプは股関節を軸上から外さないといけません。
Bタイプは膝を軸上から外さないといけません。


1タイプは胸を張ってはいけません。
2タイプはお腹を出してはいけません。

クロスタイプは進行方向に対して真っ直ぐ進んではいけません。
パラレルタイプは進行方向に対して真っ直ぐ進まなければいけません。

ブログをちゃんと読んでいただけていればすぐに理解はできると思いますが、うまくいかない時に上記をチェックすると大体うまくいくようになります。

ブログを読んでも理解できなくて
詳しく知りたい方はこちら
千葉の方はこちら

日本のダンス界の迷信にボディーコンタクトだけで踊ることが良いというのがあります。

ある一定以上のレベルのコーチャーからは否定されているのですが、ボディーを圧着してボディーの圧力でリード&フォローをするというものです。

前回の記事に書いたようにリード&フォローは軸によるものであって、何かの圧力をもって行うと相手の軸ポイントをずらしてしまったり、可動ポイントを止めてしまったりするのでボディーは圧着するのではなく軽く触れる程度にして踊ると良いでしょう。


ダンス界で昔から言われていたりすることは一部のタイプの人が踊りやすくなることばかりなのがこじれてどのタイプもやりずらくなっているので、基本的には気にせず自分の身体が踊りやすい立ち位置で、踊りやすい踊り方を感じてください。


以前、世界のファイナリストからリードは念じる事で、手で押したり引っ張ったり、ボディーを押し付けることではないと習いました。

習った時には信じられませんでしたが4スタンス理論を知ってからは相手の身体に触れていれば念じるだけでリードが出来る様になってきました。

フォローをする相手が軸の整った人であれば触れることなくリードする事も可能です。

超能力のような流れになってしまいましたが、4スタンス理論の軸が整うことによる産物のお話です。

私の文章力ではこれ以上の文章での説明は難しいので詳しく知りたい方は講習会までお越しください。

第4回講習会は4スタンス理論で身体の使い方を1から再確認していただき社交ダンスに生かしていきたいと思います。

↑このページのトップヘ