4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

カテゴリ: ballroom

以前、世界のファイナリストからリードは念じる事で、手で押したり引っ張ったり、ボディーを押し付けることではないと習いました。

習った時には信じられませんでしたが4スタンス理論を知ってからは相手の身体に触れていれば念じるだけでリードが出来る様になってきました。

フォローをする相手が軸の整った人であれば触れることなくリードする事も可能です。

超能力のような流れになってしまいましたが、4スタンス理論の軸が整うことによる産物のお話です。

私の文章力ではこれ以上の文章での説明は難しいので詳しく知りたい方は講習会までお越しください。

第4回講習会は4スタンス理論で身体の使い方を1から再確認していただき社交ダンスに生かしていきたいと思います。

ラテンで離れて踊ったり、フォーメーションで複数人で振り付けを踊る等の身体を触れ合わずに踊る際に、始動と完了のタイミングなどを全てあわせるのは同じタイプの人同士でないとかなり難しくなります。

タイプの違う人と全てのタイミングを無理矢理合わせたら全てが不自然になり動きが悪くなるのはもちろんのこと、せっかくタイミングが合っているのに不自然な動きが目に付いてタイミングを合わせた部分が目立たなくなります。

タイプの違う人同士がタイミングを合わせて踊る為には、始動のタイミングだけ、完了のタイミングだけ、ボディースピードだけ等々、何か一つだけタイミングを合わせるのが効果的です。

音楽のカウントで振り付けが決まっていると思われるかもしれませんが、タイプによって音楽のカウントに対する始動のタイミングや完了のタイミングが違ってくるので具体的に一つの動作をあわせる事が大切になります。




4スタンス理論を理解し実践していく中でぶつかる壁の一つに、長いことやり続けているルーティンの時に昔の身体の使い方をしてしまうというものです。

筋肉は動きを覚えてくれるいい働きがありますが、悪い動きも覚えてなかなか忘れてくれない時があります。

こういう時は昔の身体の使い方をしてしまう箇所を違う構成に変更してしまうのが良いでしょう。
しばらく放置してから久しぶりにやってみると自然とタイプにあった動きで昔のルーティンが出来るようになります。

基本的にはどのような構成でも出来ないということはないのですが、Aタイプの人が考えたルーティンをBタイプの動きでするとルーティンの魅力が半減してしまうようなことがあるので気を付けましょう。

今回の内容は講習会を参加された方への復習となっていますので、文章だけですと誤解を生む表現があるかもしれませんのでご注意ください。


組む前に背骨の湾曲を確認して、右足の上で軸をつくってからホールドをします。

Aタイプの方は自然にホールドをしてしまうと伸びあがってしまうので股関節の使い方に注意しましょう。

Bタイプの方はPPの際にウィリーのように片方のサイドが上がってしまうので気を付けましょう。

1タイプ2タイプではボディーコンタクトの位置が異なりますので、ポジションチェンジやリードの際に注意しましょう。

Aタイプはオンバランス、Bタイプは中間バランス

女性のホールドのクローズドとPPは、身体的にはほぼ左右対称になります。


文章では伝えきれないことがたくさんあるので、興味がある方はぜひ講習会へお越しください。
武田ダンススクールで4スタンス理論の個人レッスンも常時お待ちしております。

1流選手になればなるほど自分のタイプ特性に合った動きを行っているのですが、1流選手は競技動作に入る前のルーティンワークが自分のタイプを整える動作になっています。

競技動作に入る前のルーティンワークとして有名なのがイチローですが、イチローのネクストバッターズサークルからバッターボックスに入って構えるまでの動作は完璧なA1タイプの整え方になっているのでバッティングにおいては相手の投球だけに集中できるのです。


社交ダンスに構える前のルーティンワークを取り入れるならば、フロアに入る前に各タイプの方向に身体を動かす屈伸等をするといいでしょう。

フロアに入ってからは、ラテン選手は曲に合わせて軸移動を意識したその場での動き等をすると身体の中にリズムがうまれるのでステップする際にスムーズに移行できるでしょう。

ボールルーム選手はホールドをする際の足の位置や腕の出し方を自分のタイプの方向に合わせると、しっかりとしていて柔軟なホールドをすることができるでしょう。

よく競技会などで見かけるのが、誰かのまねだったり、習ったからという理由で自分のタイプに合っていない不自然な準備動作をしている方が沢山いるので、軸を意識しながら自分の身体に合った自然な準備動作を心掛けましょう。


↑このページのトップヘ