4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

カテゴリ: ballroom

1流選手になればなるほど自分のタイプ特性に合った動きを行っているのですが、1流選手は競技動作に入る前のルーティンワークが自分のタイプを整える動作になっています。

競技動作に入る前のルーティンワークとして有名なのがイチローですが、イチローのネクストバッターズサークルからバッターボックスに入って構えるまでの動作は完璧なA1タイプの整え方になっているのでバッティングにおいては相手の投球だけに集中できるのです。


社交ダンスに構える前のルーティンワークを取り入れるならば、フロアに入る前に各タイプの方向に身体を動かす屈伸等をするといいでしょう。

フロアに入ってからは、ラテン選手は曲に合わせて軸移動を意識したその場での動き等をすると身体の中にリズムがうまれるのでステップする際にスムーズに移行できるでしょう。

ボールルーム選手はホールドをする際の足の位置や腕の出し方を自分のタイプの方向に合わせると、しっかりとしていて柔軟なホールドをすることができるでしょう。

よく競技会などで見かけるのが、誰かのまねだったり、習ったからという理由で自分のタイプに合っていない不自然な準備動作をしている方が沢山いるので、軸を意識しながら自分の身体に合った自然な準備動作を心掛けましょう。


タイプ別の女性のシェイプの仕方を紹介します。

A1タイプ
Aタイプの軸ポイントであるみぞおちから頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎が上がりすぎないように気を付けます。

A2タイプ
Aタイプの軸ポイントであるみぞおちから頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎を引きすぎないように気を付けます。

B1タイプ
Bタイプの軸ポイントである首の付け根から頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎を引きすぎないように気を付けます。

B2タイプ
Bタイプの軸ポイントである首の付け根から頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎が上がりすぎないように気を付けます。

Bタイプの女性がシェイプを大きく見せたい場合は可動ポイントであるみぞおちを頭と反対側に動かし対比でシェイプを大きく見せます。

注意点
クロスタイプであるA1タイプB2タイプは肩のラインと骨盤のラインがクロスした状態で行うように気を付けます。

パラレルタイプであるA2タイプB1タイプは肩のラインと骨盤のラインがパラレルな状態で行うように気を付けます。



AタイプBタイプでは腰を落とした時に脚の使い方が違います。

Aタイプの場合

みぞおち土踏まずで軸を作るので脛が床に対して垂直に近い状態になります。
BlogPaint
ここから股関節を後ろに抜くことによって腰を落としていきます。


Bタイプの場合
 
首の付け根股関節土踏まずで軸を作るので脛が床に対して鋭角になります。

BlogPaint

ここから膝を前に出し脛を床に対してより鋭角にすることで腰を落としていきます。

ボールルームだとロア~フォールにかけて、ラテンだと腰を落としたポーズの時に気を付けると、自然かつスムーズに次のステップへと移り変わることができるようになります。

故障を抱えてのダンスから脱却したいかたはこちら


膝を曲げてフォールをする際の背骨の湾曲する方向を紹介します
赤い曲線が背骨の湾曲イメージで黒矢印は膝を曲げた際の背骨の引っ張り方向を表しています。

A1タイプ
BlogPaint


A2タイプ
A2a


B1タイプ
B1a

B2タイプ
B2a



この湾曲イメージで動くと軸を保った状態で動けより良い動きはもちろん、腰痛などの予防にもなります。

4/16(日)に第2回の4スタン理論講習会を行います。
詳しくは
こちら

まずはじめに、クロスタイプパラレルタイプでは動作を主動して導く身体の面が異なるという特性があります。

クロスタイプは身体の内面 、手であれば平の部分、体幹においては胸側の面が主動して動作を導くイメージです。

パラレルタイプは身体の外面、手であれば甲の部分、体幹においては背中の面が主動して導くイメージです。

どんな全身の連動であっても、各タイプの主動面でことを起こすイメージが自然であり、逆に反対側の面にイメージを持ったまま動作をし続けると安定を欠き、確実で安全な動きが妨げられたしまいます。 

クロスタイプ×クロスタイプ

動作の主動面が内面同士であるためにボディーコンタクトを密にしてしまうとお互いの動作の妨げになる可能性があります。
ボディーコンタクトは軽く接する程度にする事をオススメします。

パラレルタイプ×パラレルタイプ

動作の主動面が外面同士であるためボディーコンタクトを密にしても、軽くしても問題ありません。

クロスタイプ×パラレルタイプ or パラレルタイプ×クロスタイプ 

クロスタイプが動作の主動面が内面であるため、ボディーコンタクトは軽く接する程度にする事をオススメします。 

以前の記事「ボディ―コンタクトpart.1」と一緒に読むとボディ―コンタクトが、より明確にわかるようになります。

↑このページのトップヘ