タイプ別の男性の左手の作り方を紹介します。

A1タイプ
親指を床に垂直に立て、前腕から小指までが一直線になるように保ち、人差し指を中心に手のひらを外旋をして、指先から女性の手の平を包むようにします。
手首は屈曲をして、外側に広げます。

A2タイプ
親指を床に垂直に立て、前腕から親指までが直線上にあるように保ち、薬指を中心に手のひらを内旋して、指先から女性の手の平を包むようにします。
手首は背屈して、内側に絞ります。

B1タイプ
親指を床に垂直に立て、前腕から親指までが直線上にあるように保ち、人差し指を中心に手のひらを内旋をして、手のひらから女性の手の平を包むようにします。
手首は背屈して、内側に絞ります。

B2タイプ
親指を床に垂直に立て、前腕から小指までが一直線になるように保ち、薬指を中心に手のひらを外旋して、、手のひらから女性の手の平を包むようにします。
手首は屈曲をして、外側に広げます。


女性の手に触れる際にパワーラインを意識するとホールドが本来の役割をより発揮します。