タイプ別の腕立て伏せのやり方を紹介します


まずはじめに、これから紹介する腕立て伏せは筋肉の1部分を筋肥大させるものではなく、柔軟連動性のある筋肉を作るためのやり方です。


手の付き方

Aタイプ指先を床につけてから手の平をつけていく

Bタイプ手首を床につけてから手の平をつけていく

手の平をついた際にパワーラインが横に一直線になるようにする


足の付き方

パラレルタイプ土踏まずが床と垂直になる

クロスタイプ  土踏まずが少し斜めになる

意識の仕方

Aタイプみぞおちを床に向かってコントロールする。

Bタイプ手首にわきの下を近づけるようにコントロールする


筋トレもちゃんと連動をもって行えばダンスに役に立ちます。