ステップをする際の移動のイメージの仕方がクロスタイプ(A1/B2)パラレルタイプ(A2/B1)とでは違ってきます。

下半身主導
クロスタイプ(A1/B2)が移動する際は、移動したい場所へまず下半身から運び、運んだ下半身の上に上半身を乗せこむようにして軸を作るイメージをすると自然な流れとなります。

A1B2では軸ポイントの違いからくる見た目の違いはありますが下半身から移動するイメージは同じとなります。

上半身主導
パラレルタイプ(A2/B1)が移動する際は、移動したい場所へまず上半身から運び、運んだ上半身の下に下半身を入れ込むようにして軸を作るイメージをすると自然な流れとなります。

A2B1はパラレルタイプの特性上、移動の見た目は似てきます。