クロスタイプ
・体幹をねじるように動かし動作を導きます。
・手首を屈曲させることで身体との連動が取りやすく、ホールドの時などは手首を屈曲させます。
・足指を内側に曲げこむと動作が安定し、力強い動作を導くことができます。
・身体の主導(意識して動かす)イメージは身体の内側の面。
・顎を少し引き、後頭部をまっすぐにするとシェイプ時に身体が連動しやすくなります。
・全身を連動させていく中で、下半身を主導させてコントロールする。
・ナチュラルターン等の後退の時、体幹をねじり相手を通す。


パラレルタイプ
・体幹の面に保ち動作を導きます。
・手首を背屈させることで身体との連動が取りやすく、ホールドの時などは手首を背屈させます。
・足指を外側へ反らすと動作が安定し、力強い動作を導くことができます。
・身体の主導(意識して動かす)イメージは身体の外側の面。
・顎を少し上げ、後頭部を後ろに倒すとシェイプ時に身体が連動しやすくなります。
・全身を連動させていく中で、上半身を主導させてコントロールする。
・ナチュラルターン等の後退の時、全身を横にずらして相手を通す。