タイプ別プロムナードポジションの基本的なやり方を紹介します。

まず初めに踊る前の準備をしっかりしタイプ別ホールドの作り方(男性編) をしてからはじめます

右足上で軸を作ったところからはじめます.

A1タイプ
肩のラインを変えないように気を付けながら、みぞおちを中心に右肩と左股関節の内側を対角線上に伸ばし、股関節の内側を左回転をして、その回転を、膝、つま先に連動させ進行方向にむけます。

A2タイプ
肩のラインを変えないように気を付けながら、みぞおちを中心に右肩と右股関節の外側を上下に伸ばし、肩鎖関節の後ろ側を左回転をし、膝、つま先は左右に開きます。


B1タイプ
肩のラインを変えないように気を付けながら、右サイドを圧縮して軸を右足から左足に移す際に胸鎖関節の後ろ側を左回転をして、その回転を、膝、つま先に連動させ進行方向に向けます。

B2タイプ
肩のラインを変えないように気を付けながら、左肩鎖関節と右股関節の外側を圧縮して軸を右足から左足に移す際にみぞおちを左回転をし、膝、つま先は左右に開きます。