ロゥアとはライズした高い位置から普通の低い位置に戻る動作のことで今回はロゥア~フォールを男性のナチュラルターンの3歩目(女性だと6歩目)

【右足を左足にクローズして3歩目の終わりに右足でロゥア続けてフォールする。】

で説明します。


A1タイプ
右足を左足にクローズした瞬間に右足上でみぞおちの前側右膝の前側つちふまずを床に対して垂直に並べ軸を作り、みぞおちの前側右膝の前側つちふまずの3点を近づけるようにロゥア~フォールをします。
3点を近づける時に右股関節の前側、右膝の順番に曲げていき、上体が前かがみにならないようにみぞおちより上は起こしておきます。

A2タイプ
右足を左足にクローズした瞬間に右足上でみぞおちの後ろ側右膝の後ろ側つちふまずを床に対して垂直に並べ軸を作り、みぞおちの後ろ側右膝の後ろ側つちふまずの3点を近づけるようにロゥア~フォールをします。
3点を近づける時に右股関節の後ろ側、右膝の順番に曲げていき、上体が後ろに倒れないようにみぞおちより上は立てておきます。

B1タイプ
右足を左足にクローズした瞬間に右足上で首の付け根の後ろ側右股関節の後ろ側つちふまずを床に対して垂直に並べ軸を作り、首の付け根の後ろ側右股関節の後ろ側つちふまずの3点を近づけるようにロゥア~フォールをします。
3点を近づける時に右膝、右股関節の後ろ側の順番に曲げていき、上体が後ろに倒れないように首の付け根より上は立てておきます。

B2タイプ
右足を左足にクローズした瞬間に右足上で首の付け根の前側右股関節の前側、つちふまずを床に対して垂直に並べ軸を作り、首の付け根の前側右股関節の前側つちふまずの3点を近づけるようにロゥア~フォールをします。
3点を近づける時に右膝、右股関節の前側の順番に曲げていき、上体が前かがみにならないように首の付け根より上を起こしておきます。