シューズ選びにもタイプの違いが関係してきます。

シューズを履いた際に

Aタイプ靴の前側に身体の重心がくるタイプのシューズ


Bタイプ靴の後ろ側に身体の重心がくるタイプのシューズ

を選ぶと身体の連動を得やすくなるでしょう。

女性のシューズや男性のラテンシューズなどは、ヒールの位置などでの身体の重心の変化を考慮すると、自分のタイプに合ったシューズを選びやすくなります。

また最近の中敷きには重心を親指側に寄せるものがあります、1タイプには有効ですが2タイプには身体の連動が無くなり怪我の原因になりかねないので注意して下さい。