男性の右手(手の平)の位置は女性のタイプにより置く位置が変わってきます。


女性がAタイプの場合

Aタイプ首の付け根股関節が可動して動きを作るので男性の右手の位置が高い位置(首の付け根の近く)にきてしまうと女性の動きを阻害してしてしまいます。
よって、男性の右手の位置は女性の肩甲骨の下側を覆うように置くと女性の動きを阻害することなく一体となって動くことができます。

女性がBタイプの場合

Bタイプみぞおちが可動して動きを作るので男性の右手の位置が低い位置(みぞおちの近く)にきてしまうと女性の動きを阻害してしてしまいます。
よって、男性の右手の位置は女性の肩甲骨の上側に沿うように置くと女性の動きを阻害することなく一体となって動くことができます。

また、男性の右手を置く際にパワーラインに沿って女性の背中に触れるとより一体感が増し、男性の右手から力みがなくなります。