コントラチェックをする上でタイプ別の基本となる形を紹介します。
基本的な足の位置とタイミングは教科書を参考とします。

Aタイプは、右足の上に立ち、右足の土踏まずの上に、膝、みぞおちを床に垂直に並べて左足は横少し後ろに置き、左スウェイをしたところから始めます。

A1タイプ

①右股関節と太ももを内旋させて初動をつくり、体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、左足の土踏まず、膝、みぞおちのつながりを意識しながら左股関節と太ももを内旋して首の付け根を連動させて肩のラインを左へ回転し、スウェイを右へ変化させます。

注意点:骨盤のラインはなるべく回転させず、正面に向けておく。


A2タイプ
①首の付け根を右へ動かし、それと連動させながら右股関節と太ももを外旋して体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、左足の土踏まず、膝、みぞおちのつながりを意識しながら首の付け根を左へ動かし左股関節と太ももを外旋してスウェイを右へ変化させます。

注意点:肩のラインと股関節のラインを平行に保つようにする。


Bタイプは、右足の上に立ち、右足の土踏まずの上に、股関節、首の付け根を床に垂直に並べて左足は横少し前に置き、左スウェイをしたところから始めます。

B1タイプ
①みぞおちを左へ動かし、それと連動させながら右股関節と膝を内旋して体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、右足の土踏まず、右股関節、首の付け根のつながりを意識しながら左股関節と膝を内旋してスウェイを右へ変化させます。

注意点:肩のラインと股関節のラインを平行に保つようにする。


B2タイプ
①右股関節とひざを外旋させて初動をつくり、体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、右足の土踏まず、右股関節、首の付け根を意識しながら左股関節と膝を外旋して、みぞおちを連動させて肩のラインを左へ回転し、スウェイを右へ変化させます。

注意点:骨盤のラインはなるべく回転させず、正面に向けておく。


このタイプ別のコントラチェックは基本例であり、相手の体格やタイプによって微調整が必要になってきます。