最後の注意を必ず読んで下さい。

Aタイプー
進行方向の前足上に軸を作り、土踏まずの「つま先寄り」に立ち,体幹を伸展させる事で動作を導きます。引き手主導

A1-みぞおちを中心に体幹の対角側を伸展させるクロスタイプで、土踏まずの人差し指側に立つ1タイプになります。
下半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

A2-みぞおちを中心に体幹の同側を伸展させるパラレルタイプで、土踏まずの薬指側に立つ2タイプになります。
上半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

Bタイプー進行方向の後足上に軸を作り、土踏まずの「かかと寄り」に立ち,体幹を圧縮させる事で動作を導きます。押し手主導

B1-みぞおちを動かす事によって体幹の同側を圧縮させるパラレルタイプで、土踏まずの人差し指側に立つ1タイプになります。
上半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

B2-みぞおちを動かす事によって体幹の対角側を圧縮させるクロスタイプで、土踏まずの薬指側に立つ2タイプになります。
下半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

注意
4スタンス理論ではタイプ別にやり方の違いはあっても、タイプ別に得手不得手はありません。
かなり多くの方が勘違いされていますので気を付けて下さい。