練習場などで、たまに「なぜ習った通りにできないのか!」や「なぜ自分の言ったと通りにできないのか‼」と喧嘩をしているカップルを見かける事がありますが、それは行おうとしているテクニックがその人のタイプに合っていないから起こる問題なのです。
自分のタイプに合わない動きをしていると、不自然な姿勢や踊り間違いの素になります。

4スタンス理論には、4種類のタイプがありそのタイプごとに身体の動かし方に違いがあります。

4種類の身体の動かし方があるということは、「習った踊り方」や「自分が良いと思う踊り方」が相手のタイプに合っていなければうまくできないのは当たり前なことなのです。

踊りをより良くしようと思うなら4スタンス理論を理解して、自分のタイプをしり、相手のタイプを理解してから踊りを合わせより良いコミュニケーションをとる事が大事になります。