クロスタイプの方は身体の前面で軸を作り、パラレルタイプの方は身体の後面で軸を作る関係で前進と後退をするときに注意が必要です。

クロスタイプの方は、前進の際にブランコに乗っているかのように下半身から進み、後退の際にはアゴを引き気味に後退すると軸が保たれたまま動けるようになります。

パラレルタイプの方は、前進の際に胸が前に出るように進み、後退の際には頭の頂点から後退するようにすると軸が保たれたまま動けるようになります。

 上記の説明の中には、4スタンス理論のルールがいろいろ隠れているのですが、より理解したい方はさがしてみてください。