個人レッスンでよく伝えることに、パラレルタイプは身体を投げ出すように、クロスタイプは足から踏み出すようにがあります。

身体を投げ出すようには積極的に踊ろうと思うとなりやすいので、パラレルタイプの方はもちろんなのですがクロスタイプの方もやってしまいます。 

パラレルタイプの方は、身体の下に足が入るように移動するのが良いので問題がないのですが、クロスタイプの方は足の上に身体を乗せこむように移動するのが良いので、身体を投げ出すようにしてしまうと途端に身体のバランスとリズムが悪くなります。 

この間違いの元は『身体から動く』という教えにあります。

『動き=移動』と勘違いして移動するときに身体から移動してしまうのです。

クロスタイプの方は、動きは身体から起こるのですが移動は足からを意識すると身体のバランスとリズムが良くなるでしょう。
 
このような 勘違いを無くしたい方はこちら