自然に歩いている際に、腕や脚の筋肉を緊張させると前後に動いていた腕や脚が途端に半円を描くように回転してしまいます。

この現象は身体からの連動が肩や股関節で断たれて、腕や脚が身体部に垂れ下がった状態から起こります。

踊る際に、ホールド等をした途端に上記の現象が起こり腕や脚の動きが不自然になってしまう方を多々見かけます。

このような現象にならないようする為には、身体部からの連動を断たないように腕や脚の筋肉を弛緩させ、腕や脚の可動ポイントや可動サブポイントを動かすことが大事です。

腕や脚も身体の一部なのですから全身で踊るダンスの際に動かさないのはおかしいですよね。

どう動かすかは様々なパターンがあるのでまた後日書くかもしれませんが「動かす≠前後の移動」ではないのでお気を付けください。