ホールドをする際に、男性の左手&女性の右手が身体と連動しやすい高さにクロスタイプパラレルタイプでは違いがあります。

クロスタイプパラレルタイプで手の高さの違いがあるのは、クロスタイプは前腕が外旋してパラレルタイプは前腕が内旋することに関係します。

身体と連動しやすい高さは、クロスタイプは直立した際の目の高さ近く、パラレルタイプは直立した際の肩の高さに近くなります。


男性と女性で連動しやすい手の高さに違いが生じた場合は女性の手の高さに合わせるのが良いでしょう。