寒くなってきたこの時期におこる不調の原因に寒さにより可動ポイントの周辺の筋肉が固まり可動ポイントの動きが阻害されるというのがあります。

可動ポイントは可動することにより軸ポイントを動かしたりするポイントなのですが、可動ポイントの周辺の筋肉が固まると軸ポイントでバランスが取りずらくなり無理な姿勢でいることが強いられてきます。

軸ポイントでバランスを取っていない姿勢では日常生活を送るだけで肩、腰、膝に痛みがやってきます。

改善策としては各タイプの可動ポイントの周辺の筋肉の状態を把握して固まっている場所を整えることが大事になってきます。


Aタイプは首の付け根と首の付け根のサブポイントの肩またその周辺の上腕、股関節の周辺と股関節のサブポイントの手首またその周辺の前腕

Bタイプはみぞおちの周辺とみぞおちのサブポイントの肘またその周辺の上腕と前腕、膝の周辺

不調が上記の場所と関係ないと思っても回り回って不調の原因となっていることがあるので調べてみてください。