今回の内容は講習会を参加された方への復習となっていますので、文章だけですと誤解を生む表現があるかもしれませんのでご注意ください。


組む前に背骨の湾曲を確認して、右足の上で軸をつくってからホールドをします。

Aタイプの方は自然にホールドをしてしまうと伸びあがってしまうので股関節の使い方に注意しましょう。

Bタイプの方はPPの際にウィリーのように片方のサイドが上がってしまうので気を付けましょう。

1タイプ2タイプではボディーコンタクトの位置が異なりますので、ポジションチェンジやリードの際に注意しましょう。

Aタイプはオンバランス、Bタイプは中間バランス

女性のホールドのクローズドとPPは、身体的にはほぼ左右対称になります。


文章では伝えきれないことがたくさんあるので、興味がある方はぜひ講習会へお越しください。
武田ダンススクールで4スタンス理論の個人レッスンも常時お待ちしております。