自分のタイプに合った動作を理解して軸を保つ事ができるようになると以下の効果がもたらされます。

1.柔軟性   
軸を形成することによって各部位の可動域が広がり、軸の効果により下半身と上半身の柔軟性が連動することによってさらに可動域が広がります。 

2.連動性 
身体のコントロール能力とも言え、柔軟性、パワー、スピードの能力を全身に連動させ、体幹から末端に動作が伝わるようになります。

3.リズム 
各タイプの動き方の特性に沿った全身の各部位の連動により自分のリズムが生まれます。

4.パワー
軸の効果により全身が連動して各部位のパワーをいかんなく発揮できます。 

5.スピード 6.耐久性 7.集中力 8.知力は、軸がもたらす効果②でご紹介します。