自分が苦手としているステップが自分のタイプと合った動きでできているかどうか判別する方法をご紹介します。

まずは、
「正しく立つ」をします。

「正しく立つ」から苦手としているステップへスムーズに移行できるかがポイントになります。

スムーズに移行できずに不自然な動作や形になってしまう場合は、可動ポイントでない部位を動かそうとしていたり、軸ポイントでない部位で軸を形成しようとしている可能性が高く、自分のタイプとは合わない動き方をしている証拠になります。

もし、鋭敏な方であれば「正しく立つ」をした状態でステップを想像しただけでスムーズに移行できるかどうか感じとれると思います。

熱心にダンスに取り組まれている方にこそ盲目に今までのやり方に固執しないで、冷静に「正しく立つ」からの判別方法をお勧めします。