タイプ別の女性のシェイプの仕方を紹介します。

A1タイプ
Aタイプの軸ポイントであるみぞおちから頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎が上がりすぎないように気を付けます。

A2タイプ
Aタイプの軸ポイントであるみぞおちから頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎を引きすぎないように気を付けます。

B1タイプ
Bタイプの軸ポイントである首の付け根から頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎を引きすぎないように気を付けます。

B2タイプ
Bタイプの軸ポイントである首の付け根から頭の頂点までを傾けます。傾けた際に顎が上がりすぎないように気を付けます。

Bタイプの女性がシェイプを大きく見せたい場合は可動ポイントであるみぞおちを頭と反対側に動かし対比でシェイプを大きく見せます。

注意点
クロスタイプであるA1タイプB2タイプは肩のラインと骨盤のラインがクロスした状態で行うように気を付けます。

パラレルタイプであるA2タイプB2タイプは肩のラインと骨盤のラインがパラレルな状態で行うように気を付けます。