4スタンス理論で完璧なホールドを考えると4タイプ×4タイプ=16通り(自分のタイプ×相手のタイプ)となります。

いつも同じ相手と踊る方は
タイプ別ホールドを元に 男性の右手 男性の左手を読んで相手のタイプに合わせてホールドすればいいのですが、今回は相手のタイプが分からない場合のホールドの仕方を紹介します。

男性の左手は女性の身長によって多少影響がありますが
男性の左手だけで問題はないと思いますので右手について書いていきます。

右手は簡単に書きますと全ての中間に置くという事です。

高さはAタイプの可動ポイントの首の付け根Bタイプの可動ポイントのみぞおちの中間の女性の肩甲骨の中央に、
BlogPaint

深さは1タイプの軸の位置である首の横2タイプの軸の位置である肩鎖関節の中間の女性の肩甲骨の内側沿いに、
BlogPaint

赤丸の辺りに男性の右手の
パワーラインを添えると女性の動きを妨げることなく女性にリードを伝えることができるでしょう。
BlogPaint


書いていて思ったのですが完璧なホールドではなく汎用なホールドになってしまいましたね。

第2回講習会ではホールドの具体的な例や女性のタイプ別のシェイプの仕方などをやりますので女性の方一人での参加もお待ちしております。
申し込みは
こちら