AタイプBタイプでは歩く動作のリズムが異なってきます。

歩くという動作は地面を後方に蹴って前へ身体を押し出しますが、
Aタイプが歩くときには進行方向前側の足に軸を作り地面を蹴り、Bタイプが歩くときは進行方向後ろ側の足に軸を作り地面を蹴ります。

このことから歩くという動作の始まりが
AタイプBタイプでは異なりリズムの違いとなってきます。

Aタイプの場合
1.進行方向前側の足に軸を作り地面を蹴る➡2.後ろ側の足を前に振り出す➡3.前に振り出した足に体重を移し軸を作る

Bタイプの場合
1.進行方向後ろ側の足に軸を作り地面を蹴る➡2.前側の足を前に踏み出す➡3.前の足に体重を移す際に後方の足を引き寄せ前に出し、後方の足に軸を作る

1の動作では立ち位置が違い、2の動作ではAタイプが後方から前方に足を振ることにより間が長くなり、3の動作ではBタイプが足を引き寄せることにより間が長くなります。

この違いを理解したうえで足のタイミングや体重移動のタイミング等を意識するとカップル間の動きが合いやすくなります。