4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

タイプ別の腕立て伏せのやり方を紹介します


まずはじめに、これから紹介する腕立て伏せは筋肉の1部分を筋肥大させるものではなく、柔軟連動性のある筋肉を作るためのやり方です。


手の付き方

Aタイプ指先を床につけてから手の平をつけていく

Bタイプ手首を床につけてから手の平をつけていく

手の平をついた際にパワーラインが横に一直線になるようにする


足の付き方

パラレルタイプ土踏まずが床と垂直になる

クロスタイプ  土踏まずが少し斜めになる

意識の仕方

Aタイプみぞおちを床に向かってコントロールする。

Bタイプ手首にわきの下を近づけるようにコントロールする


筋トレもちゃんと連動をもって行えばダンスに役に立ちます。




ステップをする際の移動のイメージの仕方がクロスタイプ(A1/B2)パラレルタイプ(A2/B1)とでは違ってきます。

下半身主導
クロスタイプ(A1/B2)が移動する際は、移動したい場所へまず下半身から運び、運んだ下半身の上に上半身を乗せこむようにして軸を作るイメージをすると自然な流れとなります。

A1B2では軸ポイントの違いからくる見た目の違いはありますが下半身から移動するイメージは同じとなります。

上半身主導
パラレルタイプ(A2/B1)が移動する際は、移動したい場所へまず上半身から運び、運んだ上半身の下に下半身を入れ込むようにして軸を作るイメージをすると自然な流れとなります。

A2B1はパラレルタイプの特性上、移動の見た目は似てきます。



クロスタイプ
・体幹をねじるように動かし動作を導きます。
・手首を屈曲させることで身体との連動が取りやすく、ホールドの時などは手首を屈曲させます。
・足指を内側に曲げこむと動作が安定し、力強い動作を導くことができます。
・身体の主導(意識して動かす)イメージは身体の内側の面。
・顎を少し引き、後頭部をまっすぐにするとシェイプ時に身体が連動しやすくなります。
・全身を連動させていく中で、下半身を主導させてコントロールする。
・ナチュラルターン等の後退の時、体幹をねじり相手を通す。


パラレルタイプ
・体幹の面に保ち動作を導きます。
・手首を背屈させることで身体との連動が取りやすく、ホールドの時などは手首を背屈させます。
・足指を外側へ反らすと動作が安定し、力強い動作を導くことができます。
・身体の主導(意識して動かす)イメージは身体の外側の面。
・顎を少し上げ、後頭部を後ろに倒すとシェイプ時に身体が連動しやすくなります。
・全身を連動させていく中で、上半身を主導させてコントロールする。
・ナチュラルターン等の後退の時、全身を横にずらして相手を通す。





↑このページのトップヘ