4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

AタイプBタイプの組み合わせによりスウィングの見え方が異なります。

Aタイプ×Aタイプ
伸びあがる特性をもつAタイプ同士の組み合わせだと、スウィングの後半にアクセントがやってきます。

Aタイプ×Bタイプ
伸びあがる特性のAタイプと沈み込む特性のBタイプの組み合わせだと、スウィングの前半にBタイプが動きを作り、スウィングの後半にAタイプが動きを作るので、全体の動きに切れ目のないスウィングとなります。

Bタイプ×Bタイプ
沈み込む特性を持つBタイプ同士の組み合わせだと、スウィングの前半にアクセントがやってきます。

タイプの組み合わせによりスウィングの見え方は変わりますが、あくまで自然に踊った場合であり演出により見せ方を変えることは可能です。

今回の内容は講習会に参加された方の為の復習記事になります。


AタイプBタイプの動きの軸の違い
Aタイプがつま先、Bタイプがかかとではなく、進行方向に対して動きを作る軸がどちらにあるかを意識することが大事

1タイプ2タイプの軸の位置と背骨の形の違い
1タイプ2タイプでは左右の軸の幅が違い、その違いを意識してホールドなどしないとトラブルの元となります。

クロスタイプパラレルタイプの腕の位置の違い
各タイプの特性の関係でクロスタイプは身体の前に、パラレルタイプは身体の横に肘をおきます。

各タイプの背骨の動きの違い
1タイプ2タイプで分けられる背骨の湾曲をもとにAタイプorBタイプの特性を意識して体幹から動くことが大事です。

最近、4スタンス理論のことについてよく質問してもらえたり、体験してもらえるようになったのですが多数の方が4スタンス理論の入り口の部分だけで満足されて、本質的な部分まで触れてもらえず残念でなりません。

4スタンス理論の入り口の部分だけでもかなり効果があるのですが、本質を知ると踊るという行為がいままでとはまったくの別物に変わってきます。

AタイプBタイプの動きの違いは?

1タイプ2タイプの軸の違いは?

クロスタイプパラレルタイプのリズムの違いは?

なんちゃって4スタンス理論になっていませんか?

4スタンス理論の本質に触れてみたい方はこちら
千葉県の方にはこちら




↑このページのトップヘ