4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

4スタンス理論をいろいろなところでお話させていただいていると4スタンス理論にハマる方とハマらない方に傾向がありました。

ハマる方の傾向には、4スタンス理論の仕組みをすぐに理解される理解力の高い方、上手く踊れないのは自分が悪いと思っている方、身体の動きが複雑なクロスタイプの女性の方が多くいらっしゃいます。

ハマらない方の傾向は、4スタンス理論の仕組みを何度聞いても覚えられない方、上手く踊れないのは相手が悪いと思っている方、人の話をあまり聞かないB1タイプの方に多くいらっしゃいます。

以前は、4スタンス理論について周りの方にオススメしていたのですが、最近は上記のハマらない方にイヤな思いをさせられたので聞かれるまで一切お話する事を止めました。

4スタンス理論はとても良いもので皆さんのダンス人生の助けになるものなので本当に困っている方以外には教えないようにしましょう。

9月9日()に小田急線生田駅前生田ダンススポーツアカデミーにて第2回出張講習会をさせていただくことになりました。

当日は来られた方が4スタンス理論を知らなくても、しっかり体感してもらい、日本人の8割は出来ていない軸の動き(個人調べ)をお話しさせていただきます。

皆さんを苦しめる社交ダンスの常識を覆したいと思います。


詳しくは
こちらから

クロスタイプの方は左右の軸を入れ替える際に気をつけなくてはいけないことがあります。

パラレルタイプの方であれば左右の軸を入れ替えても左右対称に動くだけなのですが、クロスタイプの方は 背骨が左右に揺れるような動きをします。

背骨が左右に揺れるような動き自体は自然に現れる動きなので意識しなくていいのですが、クロスタイプの方が身体を固めていたり、相手に背骨の周辺を抑えられていると背骨が左右に揺れる動きができなくなり軸の入れ替え動作が出来なくなるのです。

軸の入れ替え動作は、ボールルームであればポジション変化の際に、 ラテンであればウォークの一歩毎に必要になってくる大切な動きで、軸の入れ替え動作をスムーズに行えないことにより怪我等の不具合が起こります。

クロスタイプの軸の入れ替え時の背骨の揺れをパラレルタイプの方は余計な動きと勘違いする傾向にあるので気を付けてください。



 

↑このページのトップヘ