4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

個人レッスンでよく伝えることに、パラレルタイプは身体を投げ出すように、クロスタイプは足から踏み出すようにがあります。

身体を投げ出すようには積極的に踊ろうと思うとなりやすいので、パラレルタイプの方はもちろんなのですがクロスタイプの方もやってしまいます。 

パラレルタイプの方は、身体の下に足が入るように移動するのが良いので問題がないのですが、クロスタイプの方は足の上に身体を乗せこむように移動するのが良いので、身体を投げ出すようにしてしまうと途端に身体のバランスとリズムが悪くなります。 

この間違いの元は『身体から動く』という教えにあります。

『動き=移動』と勘違いして移動するときに身体から移動してしまうのです。

クロスタイプの方は、動きは身体から起こるのですが移動は足からを意識すると身体のバランスとリズムが良くなるでしょう。
 
このような 勘違いを無くしたい方はこちら

9月23日に私が現在所属している『海老原ダンススクール』で第二回4スタンス理論講習会を行う事になりました。


今回のテーマは「みんなの勘違い」

社交ダンスの世界で常識のように言われている事などがタイプによって全然違って来ることを説明させていただきます。

例えば、ホールドをしたときにボディーコンタクトを重視しない理由、ボディーから動かず足から動く等です。
 

久しぶりの千葉での講習会になりますのでこの機会をお見逃しなく!

お申し込みはこちらメールでお願いします。

10月14日に東京の西新井大師にあるダンスホール「ななよん」にて4スタンス理論講習会を行うことになりました。

今回は初の上級競技者向けの講習会となりアマチュアB級以上の方が対象となります。

種目の違いによるホールドの変化、より良い状態でのスピードの出し方、大きな動きの出し方等をタイプ別に説明させていただきます。

力で踊っている方は脱却するチャンスですよ!

14:00開始ですがタイプチェックが必要な方は少し早目にお越しください。

参加費は3000円です。

参加される方はスタンダードの方が多いのでスタンダードメインとなります。
自分のレベルで参加していいか悩んでいる方はご相談ください。

お申し込みは、toruandai_kato@yahoo.co.jp までお願いします。

↑このページのトップヘ