4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

1流選手になればなるほど自分のタイプ特性に合った動きを行っているのですが、1流選手は競技動作に入る前のルーティンワークが自分のタイプを整える動作になっています。

競技動作に入る前のルーティンワークとして有名なのがイチローですが、イチローのネクストバッターズサークルからバッターボックスに入って構えるまでの動作は完璧なA1タイプの整え方になっているのでバッティングにおいては相手の投球だけに集中できるのです。


社交ダンスに構える前のルーティンワークを取り入れるならば、フロアに入る前に各タイプの方向に身体を動かす屈伸等をするといいでしょう。

フロアに入ってからは、ラテン選手は曲に合わせて軸移動を意識したその場での動き等をすると身体の中にリズムがうまれるのでステップする際にスムーズに移行できるでしょう。

ボールルーム選手はホールドをする際の足の位置や腕の出し方を自分のタイプの方向に合わせると、しっかりとしていて柔軟なホールドをすることができるでしょう。

よく競技会などで見かけるのが、誰かのまねだったり、習ったからという理由で自分のタイプに合っていない不自然な準備動作をしている方が沢山いるので、軸を意識しながら自分の身体に合った自然な準備動作を心掛けましょう。


自分が苦手としているステップが自分のタイプと合った動きでできているかどうか判別する方法をご紹介します。

まずは、
「正しく立つ」をします。

「正しく立つ」から苦手としているステップへスムーズに移行できるかがポイントになります。

スムーズに移行できずに不自然な動作や形になってしまう場合は、可動ポイントでない部位を動かそうとしていたり、軸ポイントでない部位で軸を形成しようとしている可能性が高く、自分のタイプとは合わない動き方をしている証拠になります。

もし、鋭敏な方であれば「正しく立つ」をした状態でステップを想像しただけでスムーズに移行できるかどうか感じとれると思います。

熱心にダンスに取り組まれている方にこそ盲目に今までのやり方に固執しないで、冷静に「正しく立つ」からの判別方法をお勧めします。


4スタンス理論では、「動作の発動は体幹の正面で行う」を推奨しています。

これは、動作の発動を体幹の正面で行うことによってすべての動作において全身連動が可能となり、しかるべき部位がしかるべき働きをしてくれるからです。

体幹とは、両肩と両股関節を結んだ四角形の事をいい、その正面とは四角形の向いている向きの前を指すのですが、AタイプBタイプでは正面の基準が違います。
BlogPaint

AタイプみぞおちBタイプ首の付け根が向いてる向きがそれぞれの正面となります。
BlogPaint

クロスタイプであるA1タイプB2タイプは両肩と両股関節をクロスさせるので正面がとても分かりずらいですが、この基準で正面を定めます。

「体幹の正面で行う」をスポーツで表すと、サッカーではボールを常に正面で捉えて、野球やゴルフ等はバットやゴルフクラブを正面に捉えること等をいいます。

社交ダンスでは、パートナーに常にAタイプみぞおちBタイプ首の付け根を向けることをいいます。

パートナーを正面で捉えることによって、末端の1部位の不自然な動作ではなく、全身連動の自然な動作で踊ることができるようになるのです。







↑このページのトップヘ