4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

第4回講習会の詳細が決定しましたのでお知らせします。

【日時】
  10/1()  14:00~
       
(2時間ほどを予定しております。)
 
【場所】    武田ダンススクール


【内容】  4スタンス理論の説明
                      4スタンス理論を活用しての踊り方 
                     
リード&フォローとは
                 
お悩み相談
 
【費用】    1人 2500円

正式なタイプチェックをされたことがない方は当日始まる前にタイプチェックを行いますのでその旨をメールでお知らせください。

講習会後に個人レッスンを受け付けます。
25分 5000円
講習会では出来ない個々に合った動きを御教えします。


【申し込み】         takedadancekatou@yahoo.co.jp  
 にメールにて申し込みお願いします。

ラテンで離れて踊ったり、フォーメーションで複数人で振り付けを踊る等の身体を触れ合わずに踊る際に、始動と完了のタイミングなどを全てあわせるのは同じタイプの人同士でないとかなり難しくなります。

タイプの違う人と全てのタイミングを無理矢理合わせたら全てが不自然になり動きが悪くなるのはもちろんのこと、せっかくタイミングが合っているのに不自然な動きが目に付いてタイミングを合わせた部分が目立たなくなります。

タイプの違う人同士がタイミングを合わせて踊る為には、始動のタイミングだけ、完了のタイミングだけ、ボディースピードだけ等々、何か一つだけタイミングを合わせるのが効果的です。

音楽のカウントで振り付けが決まっていると思われるかもしれませんが、タイプによって音楽のカウントに対する始動のタイミングや完了のタイミングが違ってくるので具体的に一つの動作をあわせる事が大切になります。




4スタンス理論を理解し実践していく中でぶつかる壁の一つに、長いことやり続けているルーティンの時に昔の身体の使い方をしてしまうというものです。

筋肉は動きを覚えてくれるいい働きがありますが、悪い動きも覚えてなかなか忘れてくれない時があります。

こういう時は昔の身体の使い方をしてしまう箇所を違う構成に変更してしまうのが良いでしょう。
しばらく放置してから久しぶりにやってみると自然とタイプにあった動きで昔のルーティンが出来るようになります。

基本的にはどのような構成でも出来ないということはないのですが、Aタイプの人が考えたルーティンをBタイプの動きでするとルーティンの魅力が半減してしまうようなことがあるので気を付けましょう。

↑このページのトップヘ