4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

コントラチェックをする上でタイプ別の基本となる形を紹介します。
基本的な足の位置とタイミングは教科書を参考とします。

Aタイプは、右足の上に立ち、右足の土踏まずの上に、膝、みぞおちを床に垂直に並べて左足は横少し後ろに置き、左スウェイをしたところから始めます。

A1タイプ

①右股関節と太ももを内旋させて初動をつくり、体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、左足の土踏まず、膝、みぞおちのつながりを意識しながら左股関節と太ももを内旋して首の付け根を連動させて肩のラインを左へ回転し、スウェイを右へ変化させます。

注意点:骨盤のラインはなるべく回転させず、正面に向けておく。


A2タイプ
①首の付け根を右へ動かし、それと連動させながら右股関節と太ももを外旋して体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、左足の土踏まず、膝、みぞおちのつながりを意識しながら首の付け根を左へ動かし左股関節と太ももを外旋してスウェイを右へ変化させます。

注意点:肩のラインと股関節のラインを平行に保つようにする。


Bタイプは、右足の上に立ち、右足の土踏まずの上に、股関節、首の付け根を床に垂直に並べて左足は横少し前に置き、左スウェイをしたところから始めます。

B1タイプ
①みぞおちを左へ動かし、それと連動させながら右股関節と膝を内旋して体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、右足の土踏まず、右股関節、首の付け根のつながりを意識しながら左股関節と膝を内旋してスウェイを右へ変化させます。

注意点:肩のラインと股関節のラインを平行に保つようにする。


B2タイプ
①右股関節とひざを外旋させて初動をつくり、体重を前に進めます。
②左足が着地すると同時に、右足の土踏まず、右股関節、首の付け根を意識しながら左股関節と膝を外旋して、みぞおちを連動させて肩のラインを左へ回転し、スウェイを右へ変化させます。

注意点:骨盤のラインはなるべく回転させず、正面に向けておく。


このタイプ別のコントラチェックは基本例であり、相手の体格やタイプによって微調整が必要になってきます。

最後の注意を必ず読んで下さい。

Aタイプー
進行方向の前足上に軸を作り、土踏まずの「つま先寄り」に立ち,体幹を伸展させる事で動作を導きます。引き手主導

A1-みぞおちを中心に体幹の対角側を伸展させるクロスタイプで、土踏まずの人差し指側に立つ1タイプになります。
下半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

A2-みぞおちを中心に体幹の同側を伸展させるパラレルタイプで、土踏まずの薬指側に立つ2タイプになります。
上半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

Bタイプー進行方向の後足上に軸を作り、土踏まずの「かかと寄り」に立ち,体幹を圧縮させる事で動作を導きます。押し手主導

B1-みぞおちを動かす事によって体幹の同側を圧縮させるパラレルタイプで、土踏まずの人差し指側に立つ1タイプになります。
上半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

B2-みぞおちを動かす事によって体幹の対角側を圧縮させるクロスタイプで、土踏まずの薬指側に立つ2タイプになります。
下半身から動くイメージをすると身体の連動がしやすくなります。

注意
4スタンス理論ではタイプ別にやり方の違いはあっても、タイプ別に得手不得手はありません。
かなり多くの方が勘違いされていますので気を付けて下さい。 

4スタンス理論には4種類のタイプがあり、そのタイプごとに身体の動かし方に違いがあります。

4種類の身体の動かし方があるということは、1つのステップにたいして4通りの踊り方があるということです。

自分のタイプに合っていない踊り方をすると、まずバランスが崩れ、次に骨格にゆがみが生じ、最終的に身体の弱い部分、例えばひざや腰等に痛みなどの症状が出てきます。柔軟性が失われ、可動域も狭くなってしまいます。

たまたま1つのステップの踊り方が自分のタイプと合っていたとしても、それが1曲分通してとなると、果たして今までやっていた踊りは自分に合っていたのでしょうか?

4スタンス理論により自分のタイプを知り動き方を学ぶことによって、上達するだけでなく、怪我のリスクを減らすことができるのです。



↑このページのトップヘ