4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

6月9日の講習内容が決まりましたのでお知らせします。

1.バランスの良い立ち方をした際の腕の位置

一流の選手がフロア上で立って待っているときの立ち方と腕の位置をタイプ別に解説します。


2.ホールド時の体幹の向き

これはかなり重要でA1タイプB2タイプA2タイプB1タイプはそれぞれ真反対を向くぐらい体幹の向きが異なります。
スイングダンスでは左軸、タンゴでは右軸を使って踊ることに関係するのですが、これを知らないからあなたは変な形で踊っていると言ってもいいぐらい重要なことです。

3.ラテンを踊る際の各タイプのNGアクション

特に女性が、ラテンを踊る際に女性らしさ等を表現するためのアクションに、NGアクションがあるので紹介します。

4.本当のコンタクト

正しい立ち方をしないと得られないコンタクトとコンタクトを保ちながらの各タイプの動き方を紹介します。

等々…

これらの内容は皆さんがかなり勘違いしている事なので必見ですよ。

お申し込みはこちら

twitterでは滞りながら発信してましたが、ブログの更新は久しぶりとなります。

久しぶりの更新でいきなりですが、一般参加可能な講習会の宣伝となります。

現在私が所属している西千葉にある「海老原ダンススクール」にて講習会を行います。

テーマは【あなたのダンスの常識はもしかしたら非常識⁈】

今まで何の疑問もたずにやってきたことや、教えられてやってきたことが、あなたの上達を邪魔をしているかもしれません。
あなたの身体にあった常識を身に着けてみませんか?

日時:6/9(日)13:00~15:00
料金:3000円/1人 5500円/カップル
場所:海老原ダンススクール
申し込みは toruandai_kato@yahoo.co.jp までお願いします

↑このページのトップヘ