4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

9月23日に私が現在所属している『海老原ダンススクール』で第二回4スタンス理論講習会を行う事になりました。


今回のテーマは「みんなの勘違い」

社交ダンスの世界で常識のように言われている事などがタイプによって全然違って来ることを説明させていただきます。

例えば、ホールドをしたときにボディーコンタクトを重視しない理由、ボディーから動かず足から動く等です。
 

久しぶりの千葉での講習会になりますのでこの機会をお見逃しなく!

お申し込みはこちらメールでお願いします。

10月14日に東京の西新井大師にあるダンスホール「ななよん」にて4スタンス理論講習会を行うことになりました。

今回は初の上級競技者向けの講習会となりアマチュアB級以上の方が対象となります。

種目の違いによるホールドの変化、より良い状態でのスピードの出し方、大きな動きの出し方等をタイプ別に説明させていただきます。

力で踊っている方は脱却するチャンスですよ!

お申し込みは、toruandai_kato@yahoo.co.jp までお願いします。

4スタンス理論をいろいろなところでお話させていただいていると4スタンス理論にハマる方とハマらない方に傾向がありました。

ハマる方の傾向には、4スタンス理論の仕組みをすぐに理解される理解力の高い方、上手く踊れないのは自分が悪いと思っている方、身体の動きが複雑なクロスタイプの女性の方が多くいらっしゃいます。

ハマらない方の傾向は、4スタンス理論の仕組みを何度聞いても覚えられない方、上手く踊れないのは相手が悪いと思っている方、人の話をあまり聞かないB1タイプの方に多くいらっしゃいます。

以前は、4スタンス理論について周りの方にオススメしていたのですが、最近は上記のハマらない方にイヤな思いをさせられたので聞かれるまで一切お話する事を止めました。

4スタンス理論はとても良いもので皆さんのダンス人生の助けになるものなので本当に困っている方以外には教えないようにしましょう。

↑このページのトップヘ