4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

ラテンで2人が離れて踊る場合や組んでいても片手の場合にはそれほど問題がないのですが、身体の位置が近くなればなるほどカップルとしての動きがクロス動きなのかパラレルな動きなのかが問題になってきます。

全てのステップを一つのタイプの動きに統一してもいいですし、ステップによってバラバラにするのも問題はありません。

どちらのタイプの動きをしても一長一短があるのでどういう演出をしたいのかで分けるといいでしょう。

気を付けなければいけないことが、自分のタイプがパラレルタイプなのにカップルとしての動きがクロスな時だったり、自分のタイプがクロスタイプなのにカップルの動きがパラレルな時です。

カップルとしての動きが自分のタイプと違う場合に自分のタイプの動きをゆがめるのではなく、自分のタイプの動きでカップルの動きに合わせるように心掛けてください。

踊っている時の欠点を直す際に、『○○をしてはいけない』と注意された経験が皆さんあると思います。

『○○してはいけない』を意識していくと身体の動きが固まり、一時的に形が整うかもしれませんが踊っているとは言えない状態へと段々と悪化していきます。

なぜならば『○○してはいけない』という注意は、なぜ欠点が起こるか原因がわからないorちゃんと考えていないから出てくる注意になり根本的には改善しないからです。

4スタンス理論では身体の一部分を直すのではなく全体のバランスを正して欠点の原因を見つけ『○○をしてはいけない』ではなく『○○をする』で身体の動きを損なわず欠点を直していきます。

某番組に出ていた有名女性ダンサーの教えみたいに『○○をする』というポジティブな方向性で欠点を改善すれば踊りも性格も明るくなってよりダンスが楽しくなってきますよ。

前回のスペシャルな踊りを見てどんな感想をお持ちですか?

1組目はクロスタイプ同士のカップルで2組目はパラレルタイプ同士のカップルになります。

あなたがパラレルタイプであれば1組目の日本人カップルが緩く見えたかもしれません。
あなたがクロスタイプであれば2組目の日本人カップルが固く見えたかもしれません。

自分とは違うタイプの踊りを見たときに身体の動きが自分とは合わないので、緩く見えたり固く見えたりとなってしまうのですが、これらの感想はあくまで踊りの表面しか感じ取れていない場合です。

軸がある動きで踊れている人であれば2組の動きの素晴らしさが身体の中に伝わってきて、上記のような感想とは全く違った感想をお持ちでしょう。

あなたが競技選手の方であれば2組の軸の動きを感じ取れるようにならないといけません。
なぜならば1流の審査員になればなるほど、軸の動きの質でジャッジをしている傾向があるからです。

軸のある動きを感じ取れるようになるにはこちら






↑このページのトップヘ