4スタンス理論で社交ダンス

社交ダンスの誤解されやすい曖昧な部分を4スタンス理論で解説します。

クロスタイプの方は身体の前面で軸を作り、パラレルタイプの方は身体の後面で軸を作る関係で前進と後退をするときに注意が必要です。

クロスタイプの方は、前進の際にブランコに乗っているかのように下半身から進み、後退の際にはアゴを引き気味に後退すると軸が保たれたまま動けるようになります。

パラレルタイプの方は、前進の際に胸が前に出るように進み、後退の際には頭の頂点から後退するようにすると軸が保たれたまま動けるようになります。

 上記の説明の中には、4スタンス理論のルールがいろいろ隠れているのですが、より理解したい方はさがしてみてください。

4スタンス理論で最も良い頭の位置は、軸上に頭があり床に対して水平であることなのですが、社交ダンスにおいて特にボールルームの女性は頭を軸上において床に対して水平に保つことはありえません。

頭はとても重いので シェイプなどを行った際に、身体の連動なしではすぐに首が悲鳴をあげるのはあきらかです。

どうしたらいいかといいますと、頭と首の境目にある環軸関節と、Aタイプであればみぞおちと、Bタイプであれば首の付け根と硬いゴムのようなものでつながれたような感覚で連動させて、各タイプの軸ポイントの延長線上に頭を置くととても良いバランスで踊れるようになります。

また、頭の位置が安定すると体幹の強さが格段にアップします。

細部について詳しく知りたい方はこちら


 

4スタンス理論を勉強して身体の連動を意識してくると陥りがちなのが、各タイプの特徴の上腕や太ももの回旋方向に意識してまわしてしまうことです。

1タイプ、2タイプで分けられる上腕や太ももの回旋方向はあくまで「正しく立つ」をしたさいに背骨の湾曲イメージの方向に 背骨が動くことによってなるもので自分で意識して動かすものではありません。

「正しく立つ」をしたさいに、1タイプの方は肋骨を鎖骨のほうに引き上げるように、2タイプの方は肋骨を鎖骨から引き下げるようにすると自然に上腕や太ももが自然な回旋方向にうごいてくれるようになります。

動作を行う前に必ず「正しく立つ」 を意識して身体のゆがみをリセットしてバランスを確かめる癖をつけるとよいでしょう。

ダンス界唯一の4スタンス講習会、さらに上級者向けの講習会の開催が迫ってまいりました。

上級者向けは2回目があるかわからないので気になる方はこちら
 

↑このページのトップヘ